忍者ブログ
オールジャンル即売会Ciegs最新情報をお届け。主催代表の古丹が書いてます。
<< 2017 / 12 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
[ 129 ] [ 128 ] [ 127 ] [ 126 ] [ 125 ] [ 124 ] [ 123 ] [ 122 ] [ 121 ] [ 120 ] [ 119 ]
 
今回は特殊も特殊で地獄級の特殊イベントでした。

主催個人の感想としてまずはとにかく!とにかく本当に楽しかったです!!
前日に急にスタッフさんの1人に家に来ていただいて朝5時くらいまでひたすらバタバタと準備をしました。
印刷所にお願いするもの以外の印刷物や荷物の整理を前日の夜にやっと手をつけました。
イベント中に体調を壊したらいけないので1時間だけとりあえず寝ようと仮眠のつもりが家を出ないといけない時間に起きるという大事故に…!
開場前の主催がバカやらかしすぎで朝一から胃がキリキリマイでした。この誤字だらけのバカツイートをご覧になっていつも以上に沢山のサークルさん、しかも初めましての方が設営のために早く会場入りしてくださってお声掛け下さって一緒に設営してくださって、本当に助かりました。(´;∀;)
あとのほうに書かせて頂きますが正直今回は当日まで完全な乗り気ではなかったので設営のときの皆さんの温かさでやっと頑張ろうって思いました。
皆さんのご協力のおかげでいつも以上に出だしが滅茶苦茶なのに早く設営が終わりました。
本当に頭が上がらない…(:-D)TL

県内外の企業さんやイベント主催さん、これからイベントをやりたいと思っていらっしゃる方が今回も沢山いらっしゃって是非お手伝いできたらいいなと微力ながら思いました。
今回名刺を忘れていたのでせっかくご挨拶いただいたのにHPのメールフォームからご連絡くださいとしかご案内できず申し訳ない限りです…。

 
1日ぱるふぇさんに作っていただいたチィのコス(詳細)をしておりました。
ステキなモデルさんに自作のコテツをお貸ししていっぱい絡ませていただいてホント楽しかったです!
Ciegs2015ですっごい気になってたけど勇気がなくて声をかけられなかったコスプレイヤーさんともお話したり一緒にお写真撮らせていただいたりして楽しかった!*´σ`*

ジャンケン大会は全滅を何度もやってしまい騒がしいのが長引いてしまって本当にすみませんでした!
でも小ネタをちょいちょいはさんで色んなところから笑っていただけたりつっこんでいただけたりとっても楽しくさせて頂きました^0^
回を重ねるごとに人前で話すことがほんの少しずつですけど苦手じゃなくなってきているかなって思います。

ジャンケン大会でも閉会前の挨拶でも皆さん本当に温かくて、今日は何度も泣きそうになりました。
なんとか会場では堪えましたが帰ってよせがきノートを見てもう我慢できませんでした。
すんごい泣いた。(´;∀;)
絶対絶対帰ってきます。
ちょっとだけ疲れちゃったのと、勉強不足が多すぎるのに勢いだけでグダグダと皆さんにご迷惑をおかけしながら続けるのをやめたいのでイベント主催で居ることをしばらくおやすみします。
今回もなんだかあっという間に終わってしまってでも本当に楽しかったなって思っています。
ステキな思い出をありがとうございました。
そして皆さんの思い出の1ページにCiegsを加えてくださってありがとうございました。

特別楽しかったのと同時に今回は反省も多いです。
主催自身が開催スパンの急な変更についていけていなかったため多くの方を振り回す結果となり本当に申し訳ございません。

・3月開催ではなく6月開催
・Ciegs2015の後処理と同時に開催の準備
・Ciegs2015を準備しながらの準備
(情報解禁はCiegs2015の日でしたが準備はCiegs2014終了後から水面下で進めておりました)
・パンフレットへのサークルカット掲載なし
・スペース番号が数字のみ
・スペース配置番号と場所の公表をご遠慮いただく
・サークル参加が抽選方式
・スタッフミーティングなし
・ジャンケン大会の開催
・CiegSnap撮影なし
・イラストコンテストなし
・アンソロ発行延期(当日は予約のみ受付)

と、毎度仕様の変わるCiegsのなかでも特に大幅な仕様変更をして開催させていただきました。
賛否両論でないはずがないと企画段階から思っておりました。
面白いけど難しいって私自身もすごく思います。
毎年3月開催Ciegsの流れをぶった切っていきなり開催することになったCiegsだったのでやってみたいけど不安だなっていう良くもあるし悪くもあるギリギリどっちにもとれるやってみたかった仕様を一気に詰めました。
Ciegsおかわりに対して否定的な意見を言ってくださる方の気持ちも分かります!
どっちともとれる仕様だったのです。
刺激になって楽しかったともとれるし、何がしたいのか分からなかった不便だったともとれると思います。
難しいなーまた失敗しちゃったなーって思いながらもあからさまな壁にぶつかっていくことが楽しくって、マンネリ化していないからイベントを企画することに全然飽きないんじゃないかなって思ってます。
毎回新鮮な気持ちで企画・準備できてますし、Ciegs好きって言ってくださる参加者の方はこの何が起こるか分からない、楽しめるかどうかは受け止め方次第っていう刺激を楽しんで下ってる方なんじゃないですかねー?
イベントに安定を求める方、刺激を求める方、それぞれいらっしゃると思います。
イベントを主催する方も参加される方もそれぞれ自分の楽しめるイベントを選んでいけたら楽しいですよね。
これが正しい、常識、基本、って固定観念は趣味にはあまり強要する必要は無いと思うんです。
沢山の方が自分はこういうイベントに参加したいっていうものをドンドン開催して参加者さんも自分にあったイベントを選んでいけたら絶対楽しい。
いつもはこういうイベントに参加するけど別のイベントも行ってみようかな?っていうのも絶対楽しい。
もっともっとイベント増えて欲しいです!

うんと、イベントを主催していて投げ出したくなること今まで本当に沢山ありました。
私はあまりハートが強いほうではないです。
ぶっちゃけ自立支援を受けながら精神科に通いつつ生きてます。なう。
おかわりを開催する今回はイベントでのストレスと私生活でのストレスが結構キてて、正直「ドタキャンしちゃおうかな…イベント今後開催しないでおこうかな…」って当日まで考えていました。
ここまで何度も何度もやめたい、逃げ出したいって思いました。
1回目の企画段階から思ってました。
でも1回目はどうしても自分はこういうイベントに参加してみたい!
誰か1人だけでも自分の理想のイベントを楽しんでくれる人は居るはず!
って気持ちでなんとか開催しました。
周りのイベントさんがしっかりされているおかげで参加者さんたちがとっても温かく受け入れてくださって、「Ciegsって新規イベント本当に新しい形のイベントでこれはこれでいいよ」って言ってくださって、すっごい嬉しかったです。
2回目も3回目も4回目も沢山の壁にぶつかりました。
色んなこと経験させていただいて人として成長させていただいて、本当に人の温かさに何度も救われて
Ciegsっていうイベントに携わらせていただいて、主催という立場に居させていただいて、本当に幸せだなって回を重ねるごとに強く強く思います。
主催をするまでは主催さんはすごい、かっこいい、イベントで一番偉い人だ、この人が居るからイベントに参加できるんだ、この人がイベントを作っているんだ、って思ってました。
でも主催になってからCiegsを主催させていただけることが本当にありがたい、皆さんにイベントを主催させていただけているんだ、ダメダメな私を助けてくださって皆さんのおかげでステキなイベントが出来上がっているんだ、って思うようになりました。
Twitterでタグをつけてくださったりリプライやメール、お手紙で励ましてくださったり
いっぱいいっぱい励まされてイベントを開催させていただけてるって常々感じます。

しばらくは何も考えずにストレス発散するためだけのオタク活動をしていきたいと思います。
しばらくです。ぜーったい帰ってくるので、忘れずに楽しみにしてて下さいな!
刺激的だけど安心して参加できるイベントを企画できるようになって帰ってきます!
おやすみ期間中はお絵描きしたりWebデザインしたりDTPデザインしたりカッティングシート手切りして自分で施工して痛車に乗ったりコスプレしたり、ゆるゆると過ごします。
せっかく勉強したいろんなこと忘れないようにメモがてらイベント主催をしてきたアレコレをWebでまとめたいと思います。
自分のメモのためだけど、イベントを企画したいと考えてらっしゃる方の参考や後押しになれたらいいな。
ここのブログではちょっと気になる同人発行物のレビューとか、イベント参加レポートとか完全に個人的な感想まとめになると思うけど更新していきたいと思います。
宜しければ今後もCiegs告知サイト・ブログのチェックをいただけると嬉しいです!
Ciegsの告知が急に出てくるかもしれない!

何度も何度も言いますが、本当に、ありがとうございました。
ステキな時間をありがとうございました。
PR
Send Comment
Name
Title
MailAdress
URL
Comment
Color
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
0 Comment(s)
ブログ内検索
Template by kura07, Photo by Abundant Shine
忍者ブログ [PR]